想いの風に吹かれるままに・・・
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月09日 (土) | 編集 |

今日、寒さが身に沁みたのは冷たい雨のせい?
昨日も、降ると思ってなかったのにパラついた雨・・・
今日の方が寒くなりそうだったので、昨日の内にチョッと遠くまで買い物へ・・・
一面に雲だったのに・・・ 一時、雲が切れ青空が・・・
フロントガラス越しに撮る空、ふっと思い出した?


20070819145314.jpg

烏瓜!!

カラスウリの種の形、、確かめてみなくっちゃ!!
・・・と、目的の店を通り越して山里へ・・・
道端に点在してはいるものの、手が届かない場所ばかり・・・
やっと見つけた一つ、、採って戻る^-^v
切り開いて取り出した種、打ち出の小槌かな?


20070819145327.jpg

過日、家を建てる番組を見ていたら、何気に裏山に入った大工の棟梁・・・
戻った棟梁の手にはカラスウリ、どうするのかと思ったら・・・
「 種が打ち出の小槌の形なんだ・・・ 」 と・・・
それ以来、縁起物らしい種を見てみたくて仕方なかった・・・f^-^;えへへっ

20070819145336.jpg

どうでしょう?
打ち出の小槌に見えるかなぁ~・・・
財布の中に入れておくと、お金が貯まるのだそうな?(笑)

ついでに検索したら、別名の “ 玉梓 ( たまずさ ) ” の由来で結び文に似てる・・・とか、
カマキリの顔 ( 頭 ) のよう・・・とか、
【 福を招く大黒様 】 としてNETオークションにも出てたみたい・・・(笑)

どれも頷けるけど、とりあえず縁起物として財布の中?pu
もっと詳しくぅ~と思った方は・・・をクリック?ふふっ
フリー百科事典 ウィキペディア ( Wikipedia ) 』


20070819145346.jpg

縁起物を積んでたから?
帰り道の信号待ちでは夕日も拝めました^-^v
そして逆 ( 無駄足 ) も? 近所の川原で鈴生りになってると母上様が・・・

 

スポンサーサイト

2006年10月04日 (水) | 編集 |

道端から林の奥まで・・・
まるで桃の花を散りばめたかのような色、、車を止めて近付いて見た

ツリフネソウ ( 釣船草 ) ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

初めて見た ( 知った?)

気付けば…至る所に咲いてるではありませんか!?

正面の艶やかさとは裏腹に、横からだと渦巻く尻尾が付いてるみたいで
ユニークな姿・・・ふふっ


DSCF2821 2006.09.25   DSCF2805 2006.09.25

続きましては、タデ科タデ属の様々な姿を・・・
ミズヒキ ( 水引 ) タデ科 タデ属
この花って・・・こんなにポピュラーだったの?


DSCF2453 2006.09.20

言わずと知れた イヌタデ ( 犬蓼 別名 : アカノマンマ ) タデ科 タデ属
・・・と、9月13日の記事にも載せた
ハナタデ ( 花蓼 別名 : ヤブタデ ) タデ科 タデ属

DSCF3090 2006.09.29   DSCF3093 2006.09.29   DSCF2441 2006.09.20

ハナタデ、最初のは同じ花付きだけど、真ん中はイヌタデに近い?
場所によって個体差があるのか、違う種類なのか・・・
似たり寄ったりで…分かりませんf^-^;


そして、ほんのり桜色の縁取りが可愛い
ミゾソバ ( 溝蕎麦 別名 : ウシノヒタイ ) タデ科 タデ属
これまた、9月17日の記事の
ママコノシリヌグイ ( 継子の尻拭い 別名 : トゲバンバ ) タデ科 タデ属
・・・に良く似てて、花だけでは見分けが付かないから、葉っぱも撮ってみた(笑)


DSCF3031 2006.09.29   DSCF3037 2006.09.29

出遇えた山野草、色別の締め括りは・・・
タデ属ではないけれど、雄しべの葯がピンクで可愛い
シャクチリソバ ( 赤地利蕎麦 別名 :ヒマラヤソバ? ) タデ科 ソバ属


DSCF2476 2006.09.20

全てを載せられなかったけど・・・
道端には思った以上の可愛い花たちが咲いてた事に気付けて・・・
嬉しかった

 


2006年10月03日 (火) | 編集 |

黄色に続いては、思いがけず出遇えた大好きな の花々を・・・

苔生したアスファルトに一列に並んでたムラサキエノコロ・・・
その列の終わりにポツンと一本、弾けそうな青紫が・・・

キキョウ ( 桔梗 ) キキョウ科 キキョウ属

道路に唯一人、ムラサキエノコロと肩を並べる背丈・・・
今にも 「 ポンッ 」 と開きそうでしょ?可愛かったなぁ~・・・


DSCF3124 2006.09.29

打って変わって・・・
葉陰で揺れる小さな花・・・

ヤブマメ ( 藪豆 ) マメ科 ヤブマメ属

目に留まり難いけど、近付いて見てみると・・・
ロイヤルパープルに彩られた姿が美しい花です*^-^*


DSCF3040 2006.09.29   DSCF3038 2006.09.29

そして、エゾエンゴサクの花色を想わせた・・・

セキヤノアキチョウジ ( 関屋の秋丁字 ) シソ科 ヤマハッカ属

微妙に異なるトーン、個体差のある色合い、何より蕾の可愛らしさに釘付け

ホントに良い色だったなぁ~・・・
また好きな花が増え、ニコニコ顔で道端に屈み込んでた()


DSCF3105 2006.09.29   DSCF3103 2006.09.29

最後は、薄紫の可憐な

ヤマハッカ ( 山薄荷 ) シソ科 ヤマハッカ属

「 目立たない地味な花だ 」 とか、 「 何の香りもしない 」 とか・・・
書かれてるHPもありましたが・・・

草むらからピコピコッと飛び出して点在する花穂は、とぉ~っても、、可愛かったし・・・
葉っぱを擦ってみたら、 「 確かにぃ~ 」 と思える香り・・・
ただ、小さ過ぎてピントが>_<


DSCF2808 2006.09.25   DSCF3113 2006.09.29

道端探索が癖になりそな、嬉しい出遇いの数々でした

さて、次なる色は?ふふ

 


2006年10月02日 (月) | 編集 |

ムラサキエノコロが、車を止められない道路端にばかり群生してて・・・
写真が撮れる場所を探し、走り続けてる道端で・・・
数多くの山野草に出遇えた

数が多いので、色別にしてみた^-^v
先ずは黄色・・・と思って集めたら、春の元気いっぱいな黄色とは違って
落ち着いた優しい黄色だなぁ~と・・・

以前、隣町の側道でも見掛けたネジネジッと面白い咲き方をする花・・・
ヤブツルアズキ ( 藪蔓小豆 ) マメ科 ササゲ属
だったみたい・・・
実の感じからして ノアズキ ( 野小豆 ) マメ科 ノアズキ属 では無いと…?

小豆の原種らしいんですよねぇ~…ステキ

DSCF2438 2006.09.20

そして、同じマメ科の
ノササゲ ( 野ささげ ) マメ科 ノササゲ属
可愛かったけど、撮れてなぁ~い!! コレが限界です>_<


DSCF3102 2006.09.29

マメ科の他にも・・・

ダイコンソウ ( 大根草 ) バラ科 ダイコンソウ属

DSCF2827 2006.09.25

アキノノゲシ キク科 アキノノゲシ属・・・じゃなく
ホソバアキノノゲシ ( 細葉秋の野罌粟 ) キク科 アキノノゲシ属
???

DSCF3047 2006.09.29

キバナアキギリ ( 黄花秋桐 ) シソ科 アキギリ属


DSCF3096 2006.09.29

次は何色かなぁ~・・・ふふっ

 


2006年10月01日 (日) | 編集 |

9月9日の記事にUPはしたものの・・・
どうもスッキリしなかった “ ムラサキエノコロ ” ・・・
やっと 「 これだ 」 と言うのに出合えたので、再び記事に・・・

ムラサキエノコロ イネ科 エノコログサ属

紫と言うより、小豆に近い紅だけど、茎や葉にまで同系の彩りが有って目を惹いてる・・・
苔生したアスファルトに列を成す minimini ムラサキエノコロ・・・
とっても、、可愛かったです*^-^*


DSCF3120 2006.09.29   DSCF3122 2006.09.29

じゃあ・・・これは?

アキノエノコログサ イネ科 エノコログサ属
なのに・・・
盛りを過ぎ、変色してる訳でも無いのに・・・綺麗な紫に輝いてた

この近辺ではムラサキエノコロは無かったのに・・・
エノコロにも特異な個体差が有るのかな?


DSCF2129 2006.09.10   DSCF1936 2006.09.08

左 : キンエノコロ イネ科 エノコログサ属 アキノエノコログサ イネ科 エノコログサ属
右 : エノコログサ イネ科 エノコログサ属 キンエノコロ イネ科 エノコログサ属

DSCF2110 2006.09.10   DSCF2119 2006.09.10

光り輝く ( 緑 ) ・ ( 紫 ) が混在してると綺麗
天然色のエノコロ混色、ブーケに仕立てたらステキ?

今夏、お千代さんがファームで見掛けたと言うエノコロの畝・・・
ラグラスじゃなく、確かにエノコロだった気が・・・
金と紫も加えられた3色の畝だったら人目を惹いただろうなぁ~・・・

猫は色によって違う反応?(笑)

 


2006年09月17日 (日) | 編集 |

この時期、道端の花は少ないと思ってたけど・・・
キンエノコロを求めて走り回ってたら、初めての花に遇えて嬉しかった・・…
それに、名も無い花かと思えば・・・
各々に名前が・・…

・・・と言っても、全てにが付くほど判別が・・・
f^-^;ぷぷ
なので、合ってるかな?の名前でアップっぷ?

先ずは、そこが道端とは思えないほど可愛い色だった2種類の花
ヒメヤブラン ( 姫藪蘭 ) ユリ科 ヤブラン属
ママコノシリヌグイ ( 継子の尻拭 ) タデ科 イヌタデ属


DSCF2133 2006.09.10   DSCF2139 2006.09.10

大好きなアプリコット系の花だったのに・・・
ココにしかなかった上に、最後の花も風に揺れて撮れてなかった(涙)
クサネム マメ科 クサネム属

・・・の右は、
ヤマシロギク キク科 シオン属
・・・と書いてはみたものの、巨大なが付きます(笑)

ヨメナか


DSCF1988 2006.09.08   DSCF1992 2006.09.08

アレチウリ ( 荒れ地瓜 : 雄花と雌花 ) ウリ科 アレチウリ属

DSCF1998 2006.09.08   DSCF1999 2006.09.08

タカサブロウ ( 高三郎 ) キク科 タカサブロウ属

シロツメクサ ( 白詰草 ) マメ科 シャジクソウ属

DSCF1948 2006.09.08   DSCF2152 2006.09.10

最後の一枚、ヒマワリ畑の道端に点在してた可愛い白花・・・
ソバノハナ ( 蕎麦の花 ) タデ科 ソバ属
・・・だったの

蕎麦の花だなんて思いもしなかったから、足、、見て来なかったよぉ~>_<

 


2006年09月16日 (土) | 編集 |

道端に彩りを添える可愛い花・・・
身近で過ごしてきたけど、知らなかった危険・・・
薬として用いれば有効であっても、そのまま触れば害がある?

春に見かけた黄色い花
5月2日の記事に2枚の画像が・・・
その花が、まだ咲いていたのです。

あの時、
お千代さんが調べてくれた花かどうか確かめに行けなかったので、良く (?) 見て来た。
クサノオウ Chelidonium majus var. asiaticum ( ケシ科 クサノオウ属 ) でした
茎や葉を傷つけると黄色の汁を出し、有毒
だと言うので、これからも触らず写真を撮るだけにしなくちゃ…


DSCF2190 2006.09.10

さらに、その近所で見かけた綺麗な白い花・・・
まさか毒が有るなんて思わないから、判別できるような撮り方して来なかったけど・・・

ボタンヅル Clematis apiifolia ( キンポウゲ科 センニンソウ属 )
じゃなく・・・
センニンソウ Clematis terniflora DC. ( キンポウゲ科 センニンソウ属 )
に見える?

DSCF2068 2006.09.09   DSCF2065 2006.09.09   DSCF2067 2006.09.09

だとすれば、クサノオウと同じく
触ると有害なので、これからは気をつけなくちゃ

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。